« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/03/15

東日本大震災に思う事

ボランティアや支援物資を送るなど、「個人で行動しては意味が無い」と思い、書かせてもらいます。

阪神淡路大震災の時の教訓を。。

今は被災地が望んでいるのは、救助・救援・救護のスペシャリストではないでしょうか。

現在の被災地では「猫の手も借りたい」状況ではない事を認識するべきで、個人で被災地に向かい救援活動をする事は当人も避難者と同じ立場になるばかりでなく、交通網・物資・情報の混乱を招き悪循環に陥る可能性が大きいのです。

必要な手や物が届かなければ意味が無い行動になってしまいます。

阪神淡路大震災の時も「配達・散髪屋・パンク修理・喫茶・・・」の多くのボランティアの方達が被災地の方々の生きる勇気を支援していました。 しかし、それも時間をおって被災地の方達が必要であったからこそ成り立つ活動であったと思います。

被災していない私達が今出来る事は健康を維持して節約をする事!

医療や生活物資を少しでも私達が無駄にしなければ、被災地に届きやすくなるはずです。

少し節約して・・・

必ず被災地に届く機関を利用して・・・

義援金を贈る!

そうすれば、各機関・政府がアホでなけりゃ・・必要な物が必要な時期に必要な人へ届くはずです。 そう願いたいです。

  ■報道機関 各位

このブログを見てるとも思わないが・・・

原発報道も重要です!

阪神淡路大震災の時にも報道のあり方を問われたはずです。

教訓を生かしてください!

絶対的な被災者への情報が不足しているはずです!

被災者に被災当時の悲惨な状況を語らせないでください。

やるなら海岸の多数の死者を映像にしなさい!

ヘッポコな気持ちで報道するんじゃない!

多くの国民、いや、世界が世界規模の悲惨な状況はすでに把握しています。

被災者に耳を傾けてください!

生存者はこれから生きていかなければならないんです!

そんな方達に上を向き歩きだす力(希望)を与えてください!!

   

         ただ それだけ   お願いします

| | コメント (0)

2011/03/13

全国規模で節電要請

政府や各企業で節電の呼び掛け・動きです。

震災記事は これでやめておきます。

一人一人が出来る事を冷静な判断で、間違いなく被災者に届く形で支援していきましょう!!

| | コメント (0)

2011/03/12

節電メールに注意!!!

みなさん、下記の様なメールが出回っていますが・・・

関西電力で働いている友達からのお願いなのですが、本日18時以降関東の電気の備蓄が底をつくらしく、 中部電力や関西電力からも送電を行うらしいです。
一人が少しの節電をするだけで、関東の方の携帯が充電を出来て情報を得たり、病院にいる方が医療機器を使えるようになり救われます!
こんなことくらいしか関西に住む僕たちには、祈る以外の行動として出来ないです!
このメールをできるだけ多くの方に送信をお願い致します!

関西と関東では周波数の違いで簡単に送電は出来ません。

電気備蓄も巨大な蓄電設備が無い状況下では効果薄です。

関西電力の公式サイトを見ても、今回の震災で送電を行なう為の依頼は出ていません。

関西電力のサイトに下記のコメントが有りました。

このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。
当社は当社名で震災に関連してお客さまにチェーンメールを送ることはございませんので、ご注意ください。

冷静な判断をしてください!

節電自体は悪い事ではないので、節電はするべきですが

何か協力したい方は募金した方が効果大です。

こんな時だからこそ、公的な発表から判断する事が大事です。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年5月 »