« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/28

リール

以前はダイワのリールも使用してましたが現在はシマノのみになってます。ダイワ党シマノ党なんて表現されますが、フィーリングは違えどどちらも良いリールには変わり無いと思ってます。

以前紹介したロッドと合わせての紹介です。

★ベイト

☆【DESTROYER  F6-72DG  OROCHI  Destruction72H】

【シマノメタニウムMg】使用ライン:20lbナイロン

ラインキャパが有り一体成型ボディーは剛性感も高いです。

☆【ダイワ HL-Z 671HRB-SV (疾風)】

【シマノアンタレス5】使用ライン:フロロ10~16lb 

こちらは遠投仕様のつもりですが上記のメタMgとの違いはさほど無い模様。

私のテク不足が原因のようですが(爆)

このリールはローギヤ設定なので自分の釣りに一番合ってる風に感じてます。

☆【ダイワ HL-Z 621MLRB-ti (・・・)ドットスリー】

【シマノスコーピオン1000】使用ライン:フロロ10~16lb or ナイロン20lb

現在はライントラブルなどの時の予備機的扱いですが買い得感の高いリールです。以前ヘビキャロの遠投で酷使してましたが現在もトラブルとは無縁。

★スピニング

【DESTROYER  F3-610XS  ShakingSpecial】

【Karisuma Stick KS-68ML】

先日新機種導入して、どちらにSETするか決めかねております。

【シマノナビ1500】使用ライン:ナイロン5lb

昨年購入して使った時にビックリ!お安い値段設定ですが数年前に購入したバイオマスターよりも使用感は上だと思います。リールの進化に度肝を抜かれた一台。

【シマノツインパワーMg2500S】使用ライン:ファイヤーライン16lb+リーダー色々

今回導入機種!何度も店に足を運び【05ツインパワー】と悩んだ末に清水の舞台から飛び降りる覚悟で大枚叩いて購入!!過去のポイントが溜まっていたのでリーズナブルな価格でGET出来ました。

言うても使用頻度と値段のギャップは一番高い!まだ使用してないですが私にはお買い得な機種とは言えないかも。。スピニング自体を余り使わないのよね~♪

購入の決め手は重量。05ツインパワー2500S:250gに対して‥

Mg2500S:215g。(通常のリールなら#1000クラスの重さ?)

延々とシャクリ続けるエギングでの使用も考えているので手首への負担は軽いかと思ってますが、今考えると深溝スプールにしておけば良かったかな?必要になれば#2000深溝スプールを購入しようかと。。

| | コメント (6)

2006/07/26

7/25ナイト

★SP

さすがは夏休み?最初に狙おうとした場所には少年が数名陣取ってる。

しかたなく先に進むとココにも2名の先行者! 先行者と葦を挟んだ場所で釣りを始める。

どうやら2名の投げてるルアーの着水音からデスアダーの様子。

あの人達?まさか?・・・と思いながら釣りをしてると話し声が聞こえてきた。

やっぱりそうかも?・・・真っ暗な場所やし、かな~りビビリながら意を決して声を掛けてみた。

「こんばんは~♪ 釣れますか?」

「・・・・・(沈黙)」    やばい!別人かも??

数秒の間合いの後に「あれ?ぎー坊さん?」と返事が有って、やっとN氏・I氏と判明。

久しぶりにお会いしたので暫し近況などをお話してから釣りを再開。

続きを読む "7/25ナイト"

| | コメント (6)

2006/07/19

模様替え

既存のテンプレートを使ってたんですが、どーも「コレやー!」と思うものが無いので画像を取り込んでみました。

湖西(松の浦)の朝焼けですが、こんな雄大な景色の中で竿を振れる事に喜びを感じています。

たとえ釣れなくても日頃のストレスを発散し「また明日から頑張るゾ~!」と心のスイッチを切り替えれる場所‥琵琶湖♪

少しは自分らしさも醸し出しているかな?

と言いながら最近は湖西で釣りする事が少なかったりしてますが・・・

| | コメント (7)

2006/07/14

7/13・7/14釣行

7/13

★高槻水路群(15:00~17:00)

ここは細い人口水路が入り組んだ場所。

まずは水流の早いエリアを数箇所狙ってみたが無反応。。

ならば‥水流の弱い(水質は比較的良好な)エリアに狙いを変更。

何気に水路を覗き込むと50cmオーバーと思われるバスが悠然と泳ぎ去ってしまった。

ありゃりゃ~♪気を取り直して次の魚を探しにランガン!

シェードの中にノーシンカーワームをスキッピングで投入すると、連続で20~25cmほどのバスを捕獲。その後またもや40upがそのシェードから泳ぎ去るのが見えた。

しまった~!また取り逃してるしぃ~♪

20067142 3個目のシェードで、やっとこさの41cmを捕獲!

言うても、ここでも親分が泳ぎ去ってしまいました。

さすがにハイプレ・エリア!!集団の中の最大魚は1投目に、かな~り集中しないとナカナカ獲れない。

昨年来から目標にしてた「高槻水路群での40up」を果たせたので、大満足で17時に退散。

【釣果】41cm、その他4本

【ロッド】DESTROYER  F3-610XS  ShakingSpecial

【リール】シマノ・ナビ

【ライン】ポパイPbナイロン5lb

【ルアー】ノーシンカー・ワーム

続きを読む "7/13・7/14釣行"

| | コメント (15)

2006/07/12

釣行予告?

先月は腰痛で仕事を4日も連続で休んだりしたので釣りは自粛気味でした。

過去に体調不良で、これだけ休んだ事って無かったと思います。

その為か「大丈夫?どう調子?」と、職場など色々な方達から声を掛けて頂きました。

皆さん本当に  ありがとう~!

遊びなら惜しみなく休暇を入れちゃうタイプなんだけど、体調不良で休んでしまうと次の休日は 回復したところで胸張って遊べないのよね♪

それに体調不良やのに、日焼けバリバリで出勤するのも「どうよ?」ってな感じやしね。

明日は無理しない程度に釣りを楽しんで来ます!!

(タックルメンテ後、昼頃から出撃しま~すw)

| | コメント (3)

2006/07/07

七夕伝説

私の住む土地には「七夕伝説の発祥地では?」と思わせる地名などが多く残っています。

七夕の物語には違うストーリーの物も有るようですが、こんな感じ?

天の川の西の方角に住む織姫は、天の神の娘で機織りが上手でした

織姫の織る機はとても美しく、天の神々達の間でも評判だった。

毎日毎日、機織りばかりの娘にある日「たまには手を休めてどこかで遊んだらどうか?」と織姫の父は言った。
しかし織姫は「私はこうして機を織っているだけで楽しい」と云う。父は、娘が本当に幸福なのだろうかと心配になり、婿を探す事にする。

天の川の東に、牛の世話をしている牽牛(彦星)という若者を見付け、織姫の父は、真面目に牛の世話をしている牽牛の姿を見てとても気に入る。そして織姫と、この牛飼いの牽牛を結婚させることに決める。

二人は結婚し仲のよい夫婦となったが、それからの織姫と牽牛は、機も織らず牛の世話もせず遊んでばかり。

「仕事をしろ」と何度忠告されても二人は遊び呆けている・・

織姫の父は、たまりかねて二人に云う。
「オイ!お前達!仕事もしないで遊んでばかりいるとは何事だ!もう二人で一緒に暮らす事など許さん!元通りの天の川の東と西にわかれてしまえ!」
すると二人の間には、水が湧き出て川となり・・川はみるみるうちに大きくなり二人を引き離した。

こうして織姫と牽牛は、以前の様に天の川の東と西に離れ離れに暮らすことになった。

それからの毎日・・織姫は牽牛の事を思い出しては、泣いてばかり・・。
そんな娘を見て「そんなに牽牛に逢いたいか?ならばお前達が元の様にしっかりと仕事をするのなら、一年に一度だけ、七月七日の夜に逢う事を許してあげよう」と父は言った。

それからというもの・・二人は七月七日になるのを楽しみに、織姫はきちんと機を織るようになり、牽牛もしっかり牛の世話をするようになった。

そして七月七日の夜、天の川に鵲(かささぎ)が翼を連ねた橋(逢合橋)で二人は一年に一度だけ逢う事になった。

続きを読む "七夕伝説"

| | コメント (0)

2006/07/05

06年上半期 釣果集計

早いもので今年も半分終わってしまいました。

上半期の釣果をまとめてみると・・・

【55up×1】【50up×10】【45up×10】【40up×7】

40~45upの数が例年より極端に少ないな~♪

5~6月に体調不良で竿をあまり振れてないし仕方無いけど、このままいくと年間本数目標は確実に夢の数字です。

今年は総本数目標は切り捨てて50up本数のみに挑むか?

40~45upの量産にウエイトを置いて巻き返しを狙うか?

後半戦の照準の絞り方が難しい。

目標に挑戦しながらも楽しい釣りが出来れば良いのだけど、どうなる事やら??

| | コメント (2)

2006/07/02

娘のバレ-ボール

7/1は娘の試合の送迎。

大阪府柏原市で開かれたフレンドリー大会で、賞状も何も無いのですが無事にブロック優勝!

本日7/2が本大会で6年生レギュラーは何処のチームも参加してない様で、小さな子も混ざって頑張っていました。

我がチームもBチームでの参加。我がチームは選手数が多く今回サブまで5年生のみの編成だったので、勝因はそこにも有ったりします。6年生のAチームに勝つ事も有りますから。

始めた時期も違い一概に上の年齢が上手い訳では無いですが、この頃の年齢による体格差や応用力の違いは大きい。

続きを読む "娘のバレ-ボール"

| | コメント (2)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »